夢のディズニーを100倍楽しむブログ

★★ 出かける前に見れば必ず得 ★★
東京ディズニーシーを楽しむためには事前に大切なポイントを知っておくことが大切です。 いわば「秘訣・ノウハウ・裏ワザ」ということです。知らないで行くのと知ってから行くのでは 大違いです!それこそ乗れるアトラクションの数と入れるレストランの数に大差がついてしまう。 同じ入園料金で楽しむはずが苦しみだったなど笑えないような事例もあるのです。 出かける前にほんの少しでも見ておけば、きっとあなたのお役に立ちますよ!期待を裏切らない。 オフィシャルガイドや紹介雑誌にも載っていない情報です。このページを見た人だけが得をします。 さあ、好きなところから見てください。そして100倍楽しい時間を過ごして来てください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の心を掴むツールの紹介について

お客様の心を掴むツールを紹介


拝啓
 
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
当社は さわやかネット という個人企業でございます。

さて、このたび当社では、売上倍増ツールとして、
徐々に広がりを見せているビデオEメールを
皆様にご紹介させていただいております。

下記にサンプルを添付させていただきました、
選択した背景テンプレートにビデオを配置しています。

ビデオEメールは、あらゆるビジネスに自在に活用でき、
自然な形でお客様の心をガッチリとつかむことのできる
ツールとして、情報をいち早くキャッチした企業様、商店様が
ひそかにご利用になられ、売上を伸ばしておられます。

このツールはビデオ会議の機能をも合わせ提供していますので、
多様なコミュニケーションのために重宝なツールとして
この機能も自在に活用できるようになっております。

その上、先ずは無料登録をすることにより、
貴社さまの自由な発想に基づき、心ゆくまでお試しが出来る
ようになっております。

また一方で、無料体験を経験して、このツールが秘めている
可能性を確信いたしましたら、有料登録を行い、
このツール自体を紹介することにより、
報酬をいただけるシステムが付与されています。

つまり、このメールは、

①ツールを活用して貴社様の売上倍増、
②ツール自体を紹介して報酬をいただく

という、2重のメリットについての情報になります。

詳しくは下記ホームページを隅から隅までゆっくりとご覧いただき、
貴社様の売上倍増のため、ついでにツールを紹介して報酬をゲット
するため、ジックリとご検討いただければ幸いです。

今すぐクリック→ 
ビデオEメール

さわやかネット meekoro



sanple.jpg
スポンサーサイト

トイレの裏ワザ

広いディズニーシーではあるが訪れる人が並大抵ではないことから常に女性が苦労するのがトイレであろう。しかも混む時には混むというタイミングまで同調しているから困るのである。
東京ディズニーシー側としてもディズニーランドの経験からパーク内にはそれぞれのテーマポート内にかなりのトイレを置いている。
しかしながら誰しもすぐに目に付く場所にあるトイレに駆け込みたくなる傾向があるのか、混んでいるトイレはほとんど一日中混んでいるのだ。
たとえ並ぶことに成ったとしても自分なら我慢できるにしても、小さい子供がしたくなった時は困ってしまう。彼らはギリギリまで遊んでいて我慢しきれなくなってから「したい!」と言ってくるからだ。こんな経験はファミリーならば誰でもあるはずである。

ではこのような緊急の場合はどうすれば良いのか?
裏ワザとしては、トイレの列が長くてどうしようもないと感じた場合には、近くにあるレストランのトイレを利用してしまおう。もちろん本当はレストランで食事をしている者が使うものであるが、上記のような場合は許されるであろう。
またこのレストランのトイレも列ができていたら、どうするか?
こんな時にはパークのエントランスを一旦外に出てモノレールのステーションにあるトイレを使うという方法もある。パーク内には再入園システムで入園すれば良い。

なお、子供をトイレに行かせる時には必ず同伴していったほうが良い。迷子になるケースも子供がトイレから出て帰るときに方向を間違えてしまうケースが多々あるのだ。

各種制限の裏技

事前にディズニーシーのアトラクションの中で各種制限のあるアトラクションをチェックしておこう。
制限があるのは身長や年令、それに妊婦の場合だ。

1.年令に関する制限:0才は乗れない

・ジャンピング・ジュリーフィッシュ(マーメイドラグーン)
・キャラバンカルーセル(アラビアンコースト)
・海底2万マイル(ミステリアスアイランド)
・ブローフィッシュ・バルーンレース(マーメイドラグーン)


2.年令に関する制限:2才までは乗れない

・フランダーのフライングフィッシュコースター(マーメイドラグーン)
・アクアトピア(ポートディスカバリー)
・ワールプール(マーメイドラグーン)
・スカットルのスクーター(マーメイドラグーン)
・ストームライダー(ポートディスカバリー)


3.身長の制限

各アトラクション入口にいるキャストが微妙な子供がくると測る。ボーダーラインは約120cmだ。
・インディジョーンズ・アドベンチャー(ロストリバーデルタ)
・センターオブ・ジ・アース(ミステリアスアイランド)


4.体調制限

・インディジョーンズ・アドベンチャー(ロストリバーデルタ)
・センターオブ・ジ・アース(ミステリアスアイランド)
・ストームライダー(ポートディスカバリー)
・アクアトピア(ポートディスカバリー)
・フランダーのフライングフィッシュコースター(マーメイドラグーン)


5.妊婦さんの制限

・インディジョーンズ・アドベンチャー(ロストリバーデルタ)
・センターオブ・ジ・アース(ミステリアスアイランド)
・ストームライダー(ポートディスカバリー)
・アクアトピア(ポートディスカバリー)
・フランダーのフライングフィッシュコースター(マーメイドラグーン)
・スカットルのスクーター(マーメイドラグーン)


6.子供が楽しめるテーマポートはここ

「マーメイドラグーン」は子供が充分楽しめるテーマポートである。ほとんどのアトラクションが子供が乗れるからだ。
「アラビアンコースト」も子供が楽しめるものばかりだ。
この2つのテーマポートは屋内にあるアトラクションなので寒さや暑さなどの天候に左右されないのが魅力でもある。大人もゆっくりすることができるからだ。


休憩場所の裏ワザ

朝一番で入園してアトラクションやエンターテイメントを楽しんだ後や、その途中でもちょっと雑踏から抜け出して一休みしたいと感じる時はあるにちがいない。まして家族連れならば休憩しないと後がもたないであろう。
そんな時にオススメの休憩場所があるのだ。

ここにあげるのはもちろん無料休憩できる場所である。
パーク内にはディズニーシー側の配慮で至る所にベンチが置かれている。しかしながら、これらのベンチも季節や一日の時間帯によって陰になったり日向になったりするので位置関係を覚えておくと便利だ。

①ほとんどいつでも座ることのできるベンチ
パーク内でも人の通る流れができやすい場所においてあるベンチは空いている。
例えば「ミステリアスアイランドにあるノーチラスギフトの下」にあるベンチである。
この場所はベンチだけではなく、テーブル席もある。すぐ目の前にあのノーチラス号が停泊しているのもオススメの理由である。


②夏でも涼しい場所にあるベンチ
「ポートディスカバリー」に抜けるトンネルは夏でも涼しいのでオススメだ。ただ、ベンチがあるでのはなく、トンネルの中で休むことになるので注意。
なお、トンネル内にはワゴンもあるので喉を潤すことも可能だ。


③ベンチが数多く設置してある場所
・マーメイドラグーンからロストリバーデルタに向かう途中の道
・ポートディスカバリーのシーサイドスナックを販売しているワゴンの周辺
・ミステリアスアイランドのトンネルの中
・アメリカンウオーターフロントの船の周辺


④休みながら風景も楽しめる場所
・メディテレーニアンハーバーのポンテベッキオ橋の周辺
・アメリカンウオーターフロントのレストラン櫻の前方にある埠頭


さあ、逐次休憩を取りながら気力を取り戻して楽しもう!

お小遣い

東京ディズニーシーに行くには、一体いくらおこづかいを持っていけばよいのだろうか?
仮に朝一番で入園したとして閉園の午後10時までいたとすると、パーク内での滞在時間は約14時間にもなるのだ。これだけいれば食べるし、飲むだろうし、おみやげを買うだろうし・・・。
ということで、目安とするためにモデルケースを考えてみた。各自いろいろ使い方は違うはずだが、あくまでひとつの参考として考えて頂きたい。

ケース1(一般的な中流家庭のカップル)

①駐車場料金:小型車1台1日 2,000円

②入場料金:パスポートチケット代 5,500円×2人=11,000円

③コインロッカー代:小で300円

④ケープコッド・クックオフで朝食
ハンバーガー:290円×2個で580円
フライドポテト:200円×2個で400円
アイスコーヒー:200円×2個で400円

⑤おやつ
カプチーノポップコーンレギュラー:260円

⑥休憩
アプリコットメープルシロップパイ:280円×2個で560円
オレンジジュース:200円×2個で400円

⑦昼食
カスバ・フードコートでカレーライス:980円
コンビネーションプレート:850円

⑧パパダキス・フレッシュフルーツでデザートと飲み物
パイナップル:150円
オレンジ:150円
飲み物200円×2本で400円

⑨午後のおやつでユカタンローセージドック380円×2個で760円

⑩ホライズンベイレストランでグリル料理2人分で4550円

⑪おみやげとしてポストカード3人分で300円


合計:2万4040円(消費税は含まず)

安く上げる為には?
お昼は彼女のお弁当、またはコンビニ弁当で済ます。
飲み物ボトル飲料もあらかじめコンビニで購入してくる。等、あとは工夫しだいです。
伊藤忠商事のグループ会社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。